弁護士に依頼する方法

標準

国際離婚については、双方の本国の法律の影響を受けることになるため、離婚をする場合、状況がより複雑になっていくという点があります。そのため具体的なアクションを起こす前に、国際離婚案件を取り扱っている弁護士に相談することをおすすめします。弁護士に依頼する方法については、国際的な離婚の実績などを豊富に持つ弁護士に依頼すると安心です。日本ハーグ条約の批准を行っていないためにしばしばより複雑化した状況になることもあります。

その際、事前に弁護士に相談しておくことで、そのような問題を回避することができます。弁護士への相談はインターネットなどで国際離婚の事例などが示されている事務所などを見つけるという方法もあり、また、弁護士紹介センターなどで国際離婚に詳しい弁護士を紹介してもらうことなどもできます。お住いの自治体が行っている弁護士の無料相談会などの機会を利用することもできます。複雑化しやすい問題に発展する可能性が高いケースでは、事前の弁護士相談は強く推奨されます。

様々な方法で弁護士に依頼することができます、双方の本国の法律の影響を受けることになり、離婚に関する状況はより複雑になっていく場合が多いという点があげられますので、国際離婚を予定している場合などには弁護士に相談してみましょう。

弁護士に相談しよう

標準

国際結婚は増加傾向にあり、それに伴い、国際結婚後の離婚件数も増加しています。国際離婚問題で、夫婦の一方が外国人の場合には、状況が複雑になる場合があります。例えば、その外国人配偶者の本国で、離婚は裁判離婚しか認められていないという場合には、日本で協議離婚が成立したものの、本国では依然、婚姻が継続しているものとして扱われるという難しい問題が時には発生する場合があります。

そのため、離婚する夫婦の一方が外国人の場合、日本で協議離婚に同意が成立していても、一度、弁護士に相談しておくことが望ましいといえます。子どもの真剣について、相手側の国の法律で親権は両親ともが共同して持つことが認められているという場合には、単独親権という形式をとっている日本とは法的解釈も違っています。その点については事前に注意しておく必要もあります。

日本はハーグ条約の批准を行っていないために起こる問題として、日本人配偶者が、自身の子どもを日本に連れて帰った場合に、相手国側ではその行為が子どもの誘拐に当たるとされています。子どもを略奪したとされて、罪に問われることもあり、国際離婚を考えている場合には専門家である弁護士に相談しておくことが推奨されます。

手続きの手順

標準

昨今の国際結婚の増加に伴い、国際離婚の件数も増加の傾向にあります。日本法は、夫婦のどちらかが日本国籍を持ち、日本に居住する場合の離婚に適用されます。しかし、現時点で、日本で離婚が成立したとしても、相手方の国で離婚手続きをしななければ、相手国での離婚の成立とはならない場合がありますので、離婚の手続きは両国で進めることが必要となります。

国によっては、離婚自体が禁止されているという国もあって、日本法で離婚成立となっても、外国人の配偶者がその国に戻っても再婚ができないといった問題などが起こるため、国際結婚をした夫婦の離婚の場合には、複雑な問題になる場合も多いため、国際離婚する前にはしっかりとそれぞれの国の法律について確認しておくことが必要といえます。国際離婚の場合、子どもの問題も複雑になります。手続きを進める際には、専門家にまずは相談しておく方がその後の離婚の手続きがスムーズに運ぶといえます。

このような相手国の法律について理解した上で、離婚の手続きを進めることは当事者には簡単なことではありませんので、国際離婚を予定している場合には、手続きなどを適切に進めてもらうという意味でも、弁護士に相談しておくことをおすすめします。

国際離婚について

標準

近年の国際結婚をするカップルの増加に伴って、国際離婚の件数も増加の傾向があります。夫婦どちらかが日本国籍を持っており、日本に居住している場合の離婚には日本法が適用されます。しかし、日本で離婚が成立しても、相手方の本国で離婚手続きをしななければ、相手国での離婚の成立とはならないとされる場合があり、離婚の手続きは両国で進めることが前提となります。国際結婚をした夫婦が離婚を選択する場合、より複雑な問題になりやすいという傾向もあり、国際離婚する準備段階においてそれぞれの国の法律についてよく確認しておくことが必要といわれます。

国際離婚の場合には、子どもの問題も複雑になるとされ、離婚手続きを進める場合には、事前に法律の専門家によく相談しておく方がその後の離婚の手続きをスムーズに進めるという点ども重要なポイントだといわれています。日本におけるハーグ条約の問題として、日本人配偶者が、自身の子どもを日本に連れて帰った場合に、相手国側で子どもの誘拐とみなされる場合があり、罪に問われるという可能性があります。

しかし、相手国の法律についてよく理解した上で、離婚の手続きを進めることは、当事者には簡単なこととはいえませんので、国際離婚を予定している場合には、手続きなどが適切に進めてもらえるように弁護士への相談が推奨されます。近年の国際結婚をするカップルの増加に伴い、国際離婚の件数も増加の傾向があり、離婚手続きをスムーズに進めるためにも弁護士への事前相談が推奨されます。