国際離婚について

標準

近年の国際結婚をするカップルの増加に伴って、国際離婚の件数も増加の傾向があります。夫婦どちらかが日本国籍を持っており、日本に居住している場合の離婚には日本法が適用されます。しかし、日本で離婚が成立しても、相手方の本国で離婚手続きをしななければ、相手国での離婚の成立とはならないとされる場合があり、離婚の手続きは両国で進めることが前提となります。国際結婚をした夫婦が離婚を選択する場合、より複雑な問題になりやすいという傾向もあり、国際離婚する準備段階においてそれぞれの国の法律についてよく確認しておくことが必要といわれます。

国際離婚の場合には、子どもの問題も複雑になるとされ、離婚手続きを進める場合には、事前に法律の専門家によく相談しておく方がその後の離婚の手続きをスムーズに進めるという点ども重要なポイントだといわれています。日本におけるハーグ条約の問題として、日本人配偶者が、自身の子どもを日本に連れて帰った場合に、相手国側で子どもの誘拐とみなされる場合があり、罪に問われるという可能性があります。

しかし、相手国の法律についてよく理解した上で、離婚の手続きを進めることは、当事者には簡単なこととはいえませんので、国際離婚を予定している場合には、手続きなどが適切に進めてもらえるように弁護士への相談が推奨されます。近年の国際結婚をするカップルの増加に伴い、国際離婚の件数も増加の傾向があり、離婚手続きをスムーズに進めるためにも弁護士への事前相談が推奨されます。