手続きの手順

標準

昨今の国際結婚の増加に伴い、国際離婚の件数も増加の傾向にあります。日本法は、夫婦のどちらかが日本国籍を持ち、日本に居住する場合の離婚に適用されます。しかし、現時点で、日本で離婚が成立したとしても、相手方の国で離婚手続きをしななければ、相手国での離婚の成立とはならない場合がありますので、離婚の手続きは両国で進めることが必要となります。

国によっては、離婚自体が禁止されているという国もあって、日本法で離婚成立となっても、外国人の配偶者がその国に戻っても再婚ができないといった問題などが起こるため、国際結婚をした夫婦の離婚の場合には、複雑な問題になる場合も多いため、国際離婚する前にはしっかりとそれぞれの国の法律について確認しておくことが必要といえます。国際離婚の場合、子どもの問題も複雑になります。手続きを進める際には、専門家にまずは相談しておく方がその後の離婚の手続きがスムーズに運ぶといえます。

このような相手国の法律について理解した上で、離婚の手続きを進めることは当事者には簡単なことではありませんので、国際離婚を予定している場合には、手続きなどを適切に進めてもらうという意味でも、弁護士に相談しておくことをおすすめします。